■児童デイころぽっくる ■ぴりか

子どもの権利を守り、子どもの意思と人格を尊重します。

ころぽっくる3つの事業 
□児童発達支援“ころぽっくる
□ 放課後デイサービス“はらっぱ”      
□保育所訪問支援事業“れら訪問療育



■事業目的・・・

発達に特別なニーズをもつ幼児・児童が、
日常生活における基本動作を習得し、
また、社会生活等に参加できるように発達を援助し、
併せて地域療育の充実及び地域福祉の増進を図ることを
目的としています。




■「児童デイころぽっくる」の理念

○子どもの権利を守り、
 子どもの意思と人格を尊重します。
○子どもの<こころ>を看まもり、
 豊かな<あそび>を育みます。
○家族と共に<子育て/子育ち>を楽しみ、
 親と子の<自己実現>を応援します。




■療育方針

○発達論的療育の視点に立ち、
 対人関係における基本的安定感を形成します。

○ライフサイクルを見通した個別療育計画を立て、
 主に心理・社会的機能と感覚運動機能について
 療育的アプローチを行います。

○家族への相談支援も合わせて行い、
 子どもの内的世界と日常生活を豊かにするための
 療育 (癒し育てる療育)をめざします。

○専門性を生かした療育体制づくり

 心理士、言語聴覚士、作業療法士などの
 専門性の高い療育指導員を配置し、言語指導、
 個人・集団遊戯療法、感覚統合等が必要な
 利用児に対して必要な訓練等を行います。

○保育所等との連携
 地域の保育所等との連携を図り
 特別なニーズを抱えた子どもたちへの支援を
 行っています。

 

自主事業
療育の写真
   心理発達相談室   さんど会   三遊子

理事長写真

理事長からのメッセージ

子どもたちひとり一人が世界で唯一無二の存在です。
なぜなら、彼らひとり一人が、染色体46本の組み合わせ246通り=約7兆分の1の受精卵が
成長した証であり、「奇跡」にほかならないからです。
だからこそ、世界中の子どもこそ、元子どもである私たち大人にとって、
最後にして最大の希望の星なのです。